インテリアコーディネーター

ただの下請けではない、
お客様が思い描く色を
提案するお仕事です

インテリアコーディネーター / 2008年入社

飯山 絵美
IIYAMA  EMI

仕事の流れ

インテリアコーディネーターは、プランが確定し基本図面が完成したら、営業と設計から引き継ぎを受け、お客様との仕様打合せを行います。
仕様打合せで決めるのは、外壁・壁紙・建具や、キッチンなどの内装です。サンプルなどを用いながら、お客様がより具体的にイメージできるように提案していきます。大体の方が一つ一つ内装を選んでいくうちに、全体のイメージを想像することができずに悩まれてしまいます。なので、お客様の意見を尊重することも大切ですが、お客様がイメージする理想のお家を打ち合わせの中で汲み取り、それに合うようなものをこちらから提案してくことがとても大切です。
生活していくうえで一番お客様が目に付くのは内装です。そこを満足して頂けるかどうかはインテリアコーディネーターにかかっているので、とても大切なお仕事です。

   

仕事のやりがい

お客様の嬉しそうな顔が一番のやりがい

いいお家が仕上がったとき、とてもやりがいを感じます。打ち合わせからくみ取ったお客様の好みや思いを形にし、それが上手くまとまり、お客様が仕上がったお家をうれしそうな顔で見られているとき、「あなたに担当してもらえてよかった」と言ってもらえたときは、この仕事をやっていてよかったと感じます。
インテリアコーディネーターのお仕事は、お客様が一生暮らしていく、家族の歴史を作っていく一生に一度の住宅づくりに関わることができて、お客様から感謝までしていただける、とてもやりがいのあるお仕事であると思っています。

石友ホームグループのいい所

しっかりとした産休・育休制度

産休・育休制度がしっかりしているので、産休・育休に入っても復帰しやすい環境です。私も出産して復帰したのですが、産休前に入院したりと突然お休みを頂いたりしてかなり迷惑をかけてしまいました。しかし、先輩方や周りののサポートもあり、復帰しやすい環境づくりをしていただいたおかげで、復帰後も楽しく仕事をさせてもらえています。他の女性社員も、産休・育休に入った方は大体復帰され、時短勤務などで無理なく働いています。

人との出会いが多い

石友ホームはグループ全体でみると社員数も多く、またお客様とも多く関わるので人との出会いが多いです。様々な方と出会うことで自分も成長できますし、また視野を広げることもできます。先輩や上司も何気ない時でも声をかけてくださったりして、さりげなく気を遣ってくださいます。なので、仕事からプライベートのことまで相談に乗ってもらったり、いい住宅が仕上がるとみんなで打ち上げに行ったりと社内の雰囲気はとてもよく、風通しの良い職場であると思います。