設計

「いいものを造りたい」
夢を形に変える
ものづくり

設計職 / 2016年新卒採用

石葉 匠
ISHIBA TAKUMI

仕事の流れ

設計職は、契約前に営業から回ってくる書類をもとに積算や図面の確認を行います。契約後も施主へのプラン決定の確認を実施し、変更があれば決定するまで繰り返し行います。プランが確定したらICへの引継ぎを行い、仕様打合せ後にそれを踏まえて最終図面である着工図面を作図します。完成した着工図面を用いてお客様に最終確認の説明を行うのも設計のお仕事です。そして着工前打ち合わせで工事課への引継ぎを行います。
施工管理は設計が作成した図面をもとに工事を段取りしていくため、図面の作成は家を建てる過程の中でとても重要な仕事であるといえます。お客様のご要望をすべて汲み取った図面を作成し、しっかりと引継ぎを行うことが大切になってきます。

仕事のやりがい

新入社員であってもやりがいを感じられる

私は入社して日が浅いためできる仕事の幅は先輩社員と比べると狭く、まだお客様の前に出ることもほとんどありませんが、自分のやった仕事に対してお客様が喜ばれていたと聞くととてもうれしく感じます。また、業務の改善点なども発言すれば対応してもらえるため、新入社員でも自分はチームの一員であるという自覚を持つことができます。それによって仕事に責任を持ち、より良い仕事をしたいと思えることがやりがいに繋がっていると思います。

常に向上心を持ち、自分を成長させる

「いいものを造りたい」、「お客様の喜ぶ顔が見たい」という思いは、石友ホームグループ全員が抱いていると思います。設計士はそのうえで、法律や規則など守らなくてはいけないものの知識も必要になってきます。できる範囲内で最大限お客様のご要望に応えることが一番大切なことです。そのためにも、設計士は常に新しい知識を学び続けなければいけません。新しい知識を学び自分を成長させることができるとてもやりがいのある仕事です。

石友ホームグループのいい所

福利厚生の良さ

同業の友人の話を聞いていると、石友ホームグループは地元住宅企業の中でも福利厚生が充実していると感じます。休日は社内カレンダーで決まっていますが、休日の日はしっかりと休むことができます。残業は必要な時もありますが、残業した分はしっかりと給料に反映されますし、残業をできるだけ減らそうとする社内の雰囲気も感じられます。また、資格手当や優秀社員の表彰なども手厚く、正当な評価をされていると感じます。

職場の雰囲気の良さ

新入社員である自分の意見もしっかりと聞いて反映してもらえる風通しの良い職場環境であり、一人一人が向上心を持って仕事をされています。また、オンオフの切り替えがしっかりしていて、メリハリ・けじめのある職場環境であると思います。