事務

間接的ではあるが
お客様の一生に一度の家づくりを
サポートする

事務職 / 2018年新卒入社

椎名 由貴
SHIINA YUKI

仕事の流れ

石友ホームグループの事務職には、大きく分けて支店勤務と本社勤務の2つがあります。
支店勤務は主に営業や施工管理の方のサポートを行います。請求書・発注書などの書類作成や管理、受注のシステム入力、顧客管理、来客対応、電話対応などがあります。
本社勤務では、総務部や経理部など部署によって仕事は異なりますが、会議に使われる資料の作成や印刷、電話対応、備品の管理・発注、支払関係、人事関係、勤怠管理、健康診断や社員旅行など社内行事の手配などがあります。
周りの方がスムーズに仕事をしやすいように環境を整えサポートすることが事務職の仕事であり、そのことが最終的にお客様満足に繋がることもあります。

仕事のやりがい

裏方の大事な仕事

事務職は裏方であまり目立たない仕事ではありますが、大きな役割を担う大事な仕事です。間接的ではありますが、お客様の一生に一度の家づくりをお手伝いすることができます。お客様と直接顔を合わせることは少なくても、提出する書類を不備なく正確に作成するなど、お客様のために事務職としてできることはたくさんあります。自分がサポートしている営業さんが担当するお家が完成し、お客様に喜んでいただけたときは私もうれしく感じ、この仕事に携わっていてよかったと思います。

会社のイメージを決める

事務職は展示場に待機してお客様をお迎えしご案内するという接客はありませんが、電話対応やショールームの来店対応でお客様と関わる機会が多くあります。来店する前に一度電話で問い合わせされるお客様はたくさんおられるので、一番最初の会社のイメージを決めるのは事務職である場合もあります。自分が一番最初に電話受付したお客様の契約書がまわってきたときは、少し嬉しくなります。

石友ホームグループのいい所

社内の雰囲気の良さ

当社では、産休・育休がしっかり取れる反面、休みに入られる方がいると、そこに誰かが移動することがあります。私も実際に支店事務としてしばらく勤務していたことがありますが、最初は初めて会う方たちばかりでとても不安でしたが、皆さんが優しく受け入れてくださり、分からないことも気軽に聞ける環境でとても働きやすかったです。同じ県内にも支店がいくつかあるので移動も稀にありますが、どこに行っても優しく受け入れてもらえる社内の雰囲気の良さがあると思います。

頼れる同期がたくさん

石友ホームグループは、毎年たくさんの新入社員が入ります。私が入社した時は、45人の同期がいました。入試前に研修が何回かあり、1泊の宿泊研修もあるので、同期との仲を深めることができる機会はたくさん用意されています。
同期が多いことで、仕事で失敗して落ち込んだ時も慰め合ったり、うれしいことがあれば共有し合ったり、助け合い、高め合うことができてとても心強く感じます。県が違っても、研修や会議などで同じ場所に集まる機会は多くあるので、久しぶりに会った同期とおしゃべりするのはとても良い息抜きになって楽しいです。